超10blog香川県では、「超10(長寿)運動」=「健康で元気に長生きしよう運動」を、県民が力を合わせて実施します!

cho10.jp

超10ストア!

検索

カレンダー

     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< September 2017 >>

最新記事

カテゴリー

過去の記事

RSSATOM 無料ブログ作成サービス JUGEM

スポンサーサイト

2014.12.11 Thursday | category:-

一定期間更新がないため広告を表示しています

-
  少し季節遅れの話題ですが私は幼少の頃、松茸狩りに行ったことがあります。場所は現在の高松空港のあるあたりの山の斜面。七輪とあみを持参し、松茸を採ったら現地でまつたけを手で細く裂き、あみにのせ炭火で焼いて食べるという今考えたら贅沢な経験です。

 大人たちは小さな私に松茸の探し方を教えてくれます。松の木の根元で松葉がそっと持ち上がっているのを見つけたらそこが宝のポイントだという。そうはいっても初めてのことで松葉が浮き上がっているところがわからない。ひとりで松林を放浪していると大人たちから遠く離れてしまい、少し不安になった。その瞬間、天空から柔らかい木漏れ日がまっすぐ松の木の根元を照らしている。確かに松葉がふっと浮き上がっている。手で松葉をかきわけるとそこにはビロードの手触りの小さな松茸が現れた。


 生まれて初めての松茸探しの経験だが私にとっては今でも忘れることのできないシーンです。その後松茸探しにいくことはなかったので、讃岐の山で松茸が採れる最後の瞬間を私は経験したのかもしれません。

 今でも塩江の山で松茸をとったとか、栽培しているとか幻のような噂が耳に入ってきますが、財宝を積んだ船が海に沈んだ場所をさがすことと同じほどのロマンと好奇心が私の中にわき上がってきます。


 水の中の魚を触ったときの触覚、静まり返った森の中の野鳥の声、山の斜面に転がる山うさぎの糞、小さな水辺に残ったキジのあしあとなどほとんどの感覚記憶は私の5−6歳の頃のものですが今でも鮮明に脳内に浮かび上がります。5−6歳の頃の「私」とそれから50年以上たった「私」とは全く異なった世界に生きていますが、今の「私」はもう一度5−6歳の頃の「私」の生きていた世界にもう一度住みたいと時々考えます。


 山の静寂や清流、生き物たちのうごめきに囲まれて生きること、みずみずしく、生き生きと豊かな世界を自分の肌で感じ、耳をすまして過ごすことがどれほど楽しいものか。ディズニーやハリーポッターの世界が讃岐にも確かにあったのです。

-

スポンサーサイト

2014.12.11 Thursday | category:-

-