超10blog香川県では、「超10(長寿)運動」=「健康で元気に長生きしよう運動」を、県民が力を合わせて実施します!

cho10.jp

超10ストア!

検索

カレンダー

   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
<< November 2017 >>

最新記事

カテゴリー

過去の記事

RSSATOM 無料ブログ作成サービス JUGEM

スポンサーサイト

2014.12.11 Thursday | category:-

一定期間更新がないため広告を表示しています

-
地域コミュニティーが支える文化としてのサッカーとエネルギー

1. 1995年ドイツ・プロサッカー「フライブルク」が本拠地にしているサッカースタジアムの屋根に太陽光発電のパネルが設置され、その設置費用の100万マルクはサッカーファンが寄付を集めて捻出した。年間25万kwhの発電でこのサッカークラブの消費量の半分を、そして太陽光温水器も設置し、シャワー・プールの温水の約60%を賄っている。

2. ドイツは2025年までに脱原発を目指して太陽光、水力、風力、バイオガス、コージェネレーションなどの自然エネルギー開発を進めている。約700の電力供給公社と約300のエネルギー協同組合があり、最近は協同組合が増加している。協同組合は地方自治体と連携し、エネルギーだけでなく、水道水、ガス、暖房などを市民に供給する目的を持っている。

3. 1つ具体的な事例を挙げて見よう。ドイツ中部ヘッセン州にあるホンベルク(人口14000人)のエネルギー協同組合の歴史は古く、1920年に設立され電気の供給を始めた。現在、熱電コージェネレーション、再生可能エネルギー等に基づく電力、ガス、暖房を市内に供給している。事業高は約13億円、利用者数は9285件。

ドイツの脱原発の地域電力事業視察報告書より抜粋  前回、サッカーを文化として市民が育てる視点でドイツと日本の比較を試みました。ドイツでは市民が出資や寄付をしてサッカーを育てる視点を持っていること。そして市民が参加し、観戦し、楽しむこと。地域コミュニティーにサッカーが根づいていくよう歴史を育んでいることなどがその特徴として挙げられると思います。市民社会の基本であるエネルギーの確保でも同様の文化が認められます。地域コミュニティーの中で市民が出資して自然の再生可能エネルギーを生産し、地域で消費すること、まちづくりの視点で長年かけてエネルギーを計画的に生産し、エネルギーも文化として育てている姿が浮かび上がります。日本でもドイツのようなエネルギー確保の将来が見通せたらすばらしいと思います。  
-

スポンサーサイト

2014.12.11 Thursday | category:-

-