超10blog香川県では、「超10(長寿)運動」=「健康で元気に長生きしよう運動」を、県民が力を合わせて実施します!

cho10.jp

超10ストア!

検索

カレンダー

      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< July 2017 >>

最新記事

カテゴリー

過去の記事

RSSATOM 無料ブログ作成サービス JUGEM

スポンサーサイト

2014.12.11 Thursday | category:-

一定期間更新がないため広告を表示しています

-

超10医療 〜田中眞治医師の寄稿〜

2014.04.28 Monday | category:-

  ひとが生を受けて人生を過ごす中で遭遇する様々な困難をどのように乗り越えていくのかについて考えてみたいと思います。

 1998年にノーベル経済学賞を受賞したインドの経済学者アマルティア センは経済成長のみを追求すると人間の不平等、格差の増大を招く。ひとびとの潜在能力を発展させることによって生活を富ませ、社会をより豊かなものにすることができる。そのために社会の発展を経済成長率によって測定するのではなくひとびとの暮らしの質を計る幸福度指標によって測定するべきであると主張しました。

 アマルティア・センのこの主張は全くあたりまえのことを言っているように見えます。お金のことばかりおっかけないでもっと人間の潜在能力を発揮させる事を考えなさい。ひとりひとりの幸福を追求しなさい。というのです。

 でも人間の潜在能力を発揮させるということがなかなか難しいのです。ひとりひとりに対する教育は基本ですが様々な共助・公的な支援によって潜在能力を発揮させ、前回ブログで述べたような一人では解決できない困難を乗り越えていく必要があります。

 ここにサッカーの上手な少年がいるとします。彼の夢であるワールドカップに参加することのできる選手になるためには地域の人々が出し合った資金でクラブが安定的に運営され、観客として多くの市民が競技場に足を運び観戦を楽しむという文化が必要です。地元の企業もNPO, 団体も物心両面で支えるという気風が必要です。

 ドイツ国民は約40%が年間平均13000円の寄付をしており、学生が戸別訪問をして寄付を集めて回ったりしている。サッカークラブの運営も同様に地域に根ざした資金に支えられているようです。

 ここに失業した労働者がいるとします。日本だと失業保険を受給しながらハローワークに通い,再就職のための訓練を受けます。しかし、この訓練がその人の潜在能力の開発や発揮をめざしているのか点検が必要です。なかなか自分にあった仕事が見つからず、失業保険が切れてしまう日を迎えるという事例が後を絶ちません。

 ドイツでは地域の寄付金や公的な資金をもとに失業者を支援する活動を労働組合が行っている様です。

 次回からも人生の様々な困難を世界の人々がどのように乗り越えていっているのかについてみていきたいと思います。

 



-

スポンサーサイト

2014.12.11 Thursday | category:-

-