超10blog香川県では、「超10(長寿)運動」=「健康で元気に長生きしよう運動」を、県民が力を合わせて実施します!

cho10.jp

超10ストア!

検索

カレンダー

   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< March 2017 >>

最新記事

カテゴリー

過去の記事

RSSATOM 無料ブログ作成サービス JUGEM

スポンサーサイト

2014.12.11 Thursday | category:-

一定期間更新がないため広告を表示しています

-
  団塊の世代の人が防災対策に力を発揮しようと先月この記事に書きました。

ところがすでに東京や東北で活動を始めている人々がいたので紹介したいと思います。


 東北沿岸部に300kmの防潮林を作ろうと呼びかけている宮脇 昭氏、「どんぐり育て隊杉並」を結成し、生き甲斐つくり、孤立予防もかねて東京の真ん中でシイ、カシ、タブの苗木を植えて防火林を作る活動等です。このどちらも30年40年かけて継続する息の長い取り組みです。すばらしいのは、防災対策が自分の子孫のために活動するという高齢者の生き甲斐にもなり、さらに孤立予防、さらには健康作りにもなるという一石三鳥にも四鳥にもなる活動であるところです。


 宮脇昭氏(横浜国立大学名誉教授)について以下HPより引用します。

 震災直後より被災地で現地調査を行い、いち早く「いのちを守る森の防潮堤」の必要性を指摘、 東北沿岸部に300kmの防潮林を作ろうと呼びかけ協議会を設立。

 
国内はもとより、世界各地で植樹を推進する現場主義の植物生態学者として、これまで国内外1700ヶ所以上で植樹指導し4000万本以上の木を植えている。

徹底した現場調査から、その土地に自生し、最も安定して存続する樹種群(潜在自然植生)を探し出し、それらの苗を育て、多種類の苗を密植・混植させ、自然の成り行きに任せて競争・共存させ、自然の森のような状態に植える手法を提唱、実践している。それまでは何百年もかかるといわれていた森の再生が、その手法によって十数年という単位で成功することを証明した。

地球規模の森林破壊や地球温暖化が加速、自然のゆり戻しである大災害にも負けない豊かな森を再生することを緊急の課題とし、すべてのヒトのいのちと心と遺伝子を守り、地域、経済、豊かな社会を支えるいのちを守る本物の森づくりいのちを守る森の防潮堤づくりを提唱している。


 杉並の「どんぐり育て隊」は主に高齢者の活動ですが、東京の防災対策としてだけでなく、こどもたちとの協業活動としての「どんぐり」育てをしているNPOや杉並区で苗を育てた後に東北の山に植樹する東北支援のボランティア組織等さまざまな取り組みが豊かに行われています。


 地域のこどもがおとなたちと一緒に学びながら地域の実態を観察して「どんぐり」や「苗」を育てそれが防災、東北支援、孤立予防、健康作りなど社会的な貢献をしているという実感が得られるとすばらしいなと考えます。そのために団塊の世代のひとびとが必要とされています。

-

スポンサーサイト

2014.12.11 Thursday | category:-

-