超10blog香川県では、「超10(長寿)運動」=「健康で元気に長生きしよう運動」を、県民が力を合わせて実施します!

cho10.jp

超10ストア!

検索

カレンダー

 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< May 2017 >>

最新記事

カテゴリー

過去の記事

RSSATOM 無料ブログ作成サービス JUGEM

スポンサーサイト

2014.12.11 Thursday | category:-

一定期間更新がないため広告を表示しています

-
  高齢になってもいきいきと人生を送るためには高齢者が活躍できる場所の確保や学習する機会の保障が必要です。高齢者が中心になってまちおこしやむらおこしをしていくことがこれから増えて行くことが予想されます。

 すでに四国には元気な高齢者が活躍してまちおこしをしている事例がいっぱいあるのです。「そうだ葉っぱを売ろう」で有名な徳島県上勝町の葉っぱビジネスについて紹介します。その取り組みが今回「人生いろどり」という映画にもなり9月に公開予定ですがそのホームページには

  人は、誰にでも役割があります。

  居場所と出番を見つけていこう。

  まさに映画のタイトルのように

  みんなが『もうヒトハナ咲かそう』と

  いきたいものですね。

ということばが書かれています。上勝町の人口は1,997 854世帯(平成2191日現在)、高齢者比率が49.5%という、過疎化と高齢化が進む町です。町の半数近くを占めるお年寄りが活躍できるビジネスはないかと模索したところ、"つまものビジネス""葉っぱビジネス"1987年にスタートしたのです。葉っぱビジネスのポイントは、軽量で綺麗であり、女性や高齢者でも取り組める商材であること。現在の年商は26000万円。中には、年収1000万円を稼ぐおばあちゃんもいます。それを支えるのはPC(ブロードバンド・ネットワーク)。 決まった数量を毎日出荷するのではありません。おばあちゃん達はPCを駆使し、全国の市場情報を収集して自らマーケティングを行い、葉っぱを全国に出荷するのです。 PCでは自分が町で何番目の売上を上げているかの順位等も分かるようになっており、こういったビジネスモデルの全てが良い刺激になり、更なる発展へつながっています。(http://www.irodori.co.jp/own/index.aspより)

 上勝町の葉っぱビジネスのすぐれたところは葉っぱという資源と全国の料亭のニーズをリアルタイムに結びつけたところでありますが何よりも高齢者がいきいきと働いてビジネスを成功させているところだと思います。

 全国で高齢者が起業し、ビジネスとして成功させるということをもっと追求してもいいのではないかと思います。そのためにも全国に潜んでいるニーズを発見し高齢者でも取り組めるような息の長い仕掛け作りが必要です。


-

スポンサーサイト

2014.12.11 Thursday | category:-

-