超10blog香川県では、「超10(長寿)運動」=「健康で元気に長生きしよう運動」を、県民が力を合わせて実施します!

cho10.jp

超10ストア!

検索

カレンダー

    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< June 2017 >>

最新記事

カテゴリー

過去の記事

RSSATOM 無料ブログ作成サービス JUGEM

スポンサーサイト

2014.12.11 Thursday | category:-

一定期間更新がないため広告を表示しています

-
  少し季節遅れの話題ですが私は幼少の頃、松茸狩りに行ったことがあります。場所は現在の高松空港のあるあたりの山の斜面。七輪とあみを持参し、松茸を採ったら現地でまつたけを手で細く裂き、あみにのせ炭火で焼いて食べるという今考えたら贅沢な経験です。

 大人たちは小さな私に松茸の探し方を教えてくれます。松の木の根元で松葉がそっと持ち上がっているのを見つけたらそこが宝のポイントだという。そうはいっても初めてのことで松葉が浮き上がっているところがわからない。ひとりで松林を放浪していると大人たちから遠く離れてしまい、少し不安になった。その瞬間、天空から柔らかい木漏れ日がまっすぐ松の木の根元を照らしている。確かに松葉がふっと浮き上がっている。手で松葉をかきわけるとそこにはビロードの手触りの小さな松茸が現れた。


 生まれて初めての松茸探しの経験だが私にとっては今でも忘れることのできないシーンです。その後松茸探しにいくことはなかったので、讃岐の山で松茸が採れる最後の瞬間を私は経験したのかもしれません。

 今でも塩江の山で松茸をとったとか、栽培しているとか幻のような噂が耳に入ってきますが、財宝を積んだ船が海に沈んだ場所をさがすことと同じほどのロマンと好奇心が私の中にわき上がってきます。


 水の中の魚を触ったときの触覚、静まり返った森の中の野鳥の声、山の斜面に転がる山うさぎの糞、小さな水辺に残ったキジのあしあとなどほとんどの感覚記憶は私の5−6歳の頃のものですが今でも鮮明に脳内に浮かび上がります。5−6歳の頃の「私」とそれから50年以上たった「私」とは全く異なった世界に生きていますが、今の「私」はもう一度5−6歳の頃の「私」の生きていた世界にもう一度住みたいと時々考えます。


 山の静寂や清流、生き物たちのうごめきに囲まれて生きること、みずみずしく、生き生きと豊かな世界を自分の肌で感じ、耳をすまして過ごすことがどれほど楽しいものか。ディズニーやハリーポッターの世界が讃岐にも確かにあったのです。

-
  福島第1原発事故のあとにため池の水面に太陽光発電パネルを浮かべて地域でエネルギーを自給できるのではと考えていたら、

「ため池に浮かぶ太陽光発電所が稼働、3400枚のパネルをポリエチレン製の架台に

兵庫県の小野市にある大きなため池の水上で、最大出力0.85MWの太陽光発電設備が動き始める。大阪ガスグループが地元の自治会と連携して設置した。太陽光パネルをポリエチレン製の架台に載せて水上に浮かべる構造だ。兵庫県内に4万カ所以上あるため池を利用した発電事業の先駆けになる。」


という記事に接しました。先を越されてしまった感があります。兵庫県に4万カ所もため池があるの?では香川県には?香川県のため池の数は1万4000で全国3位(兵庫県が1位)、香川県はため池の密度が全国1位でした。狭い国土にため池が多い。さらにネットを見ていると


「ため池で太陽光発電、全国一の密度を誇る香川県が実証実験へ

日本で最も面積が狭い香川県には農業用のため池が約15000カ所もある。瀬戸内海に面して日照時間が長い利点を生かすには、ため池に太陽光パネルを浮かべる発電方法が有効だ。県内でも有数の規模がある大きなため池を使って10月から実証実験を開始する。」


香川県の農政水産部が実証実験の開始に向けて、発電設備を設置する事業者を77日から公募中だ。実証実験の場所に選んだのは県の北西部にある善通寺市の「吉原大池」である。満水時の面積が10万平方メートルもある県内有数のため池だ。この吉原大池に20kW程度の太陽光パネルを浮かべて最適な発電方法を検証する。

とのことでした。http://www.itmedia.co.jp/smartjapan/articles/1307/24/news044.html

 兵庫県小野市では既に実験を終えて実用段階に入り年間100万kWhで280世帯の家庭電力を賄うとの試算がされていました。香川県は出遅れて10月から実験を開始するのですが、この実験を成功させ、小野市の様に自治会とエネルギー開発専門の会社の連携で地域のエネルギーを自前で賄い、外から買わないですむ様にできたらと考えます。

 

-

超10医療 〜田中眞治医師の寄稿〜

2014.09.02 Tuesday | category:-

  うどん県かがわはすっかり全国に有名になりましたがこれから香川の健康寿命を伸ばすために香川の特産品であるオリーブ、希少糖などを多い活用していけないものかと考えます。とはいってもオリーブ、希少糖について県民である私もそれほど多くのことを知りません。そこで、これから少し調べてみます。

 

オリーブ:

歴史:日露戦争で獲得した広大な漁場から獲れる鰯等を保存、輸送しようと油漬けの缶詰を製造することになりました。その製造のためにオリーブオイルが必要となり、1908年に香川(小豆島)、三重、 鹿児島の3県がオリーブ栽培試験地に指定された中、小豆島だけが実を結びました。しかしオリーブを栽培するのもオリーブ製品を作るもの全くの手探り。試行錯誤繰り返しながら今のオリーブに至りました。

成分と効果:オリーブオイルの効果は、その70%を占めるオレイン酸が悪玉コレステロールをコントロールし、心臓疾患、高血圧に効果的であり、さらに抗酸化作用により痴呆症、老化といったアンチエイジング効果も期待できます。

http://members3.jcom.home.ne.jp/victor441/oliva/oliva03.html

 

希少糖:

希少糖は自然界にはほとんど存在しない糖だが、香川大学農学部の何森健教授が1990年初頭、果糖に酵素を加え、「D−プシコース」に変換(異性化)することに成功した。希少糖の中で最も研究が進んでいる「D-プシコース」は、砂糖の7割程度の甘味がありながら、カロリーはほぼゼロ。さらに、「食後の血糖値上昇を緩やかにする」、「内臓脂肪の蓄積を抑える」といった研究結果が報告されている。

“D-プシコースの確認された主な機能としては、「糖代謝」と「脂質代謝」の2つ、糖代謝では、食後の血糖値およびインスリンの上昇を抑制できることが確認されたほか、脂質代謝では抗肥満効果や動脈硬化抑制効果が確認された。

http://matome.naver.jp/odai/2138218725083254501

 

 これほど健康にいい影響を与える食品、基礎研究が香川県にはあったのです。

多いに利用してはどうでしょうか。

 糖尿病受療率が徳島と全国1、2位を争っている香川県。うどんをやめようと言っても無理。車をやめてもっと歩こうといっても公共交通機関も貧弱で歩こうにもなかなか時間がとれないと言い訳をする県民性。

 ここは発想を変えてオリーブと希少糖をたくさん県民が食べる様に進めてはどうでしょうか。オリーブはまち、オリーブ牛ばかりでなく、例えば安価なオリーブうどんの開発や希少糖をすべての食品に利用するなどの大胆な取り組みに挑戦してはどうでしょうか。そのためにはオリーブ、希少糖の大量生産と製品開発、宣伝が必要です。

 

-
地域コミュニティーが支える文化としてのサッカーとエネルギー

1. 1995年ドイツ・プロサッカー「フライブルク」が本拠地にしているサッカースタジアムの屋根に太陽光発電のパネルが設置され、その設置費用の100万マルクはサッカーファンが寄付を集めて捻出した。年間25万kwhの発電でこのサッカークラブの消費量の半分を、そして太陽光温水器も設置し、シャワー・プールの温水の約60%を賄っている。

2. ドイツは2025年までに脱原発を目指して太陽光、水力、風力、バイオガス、コージェネレーションなどの自然エネルギー開発を進めている。約700の電力供給公社と約300のエネルギー協同組合があり、最近は協同組合が増加している。協同組合は地方自治体と連携し、エネルギーだけでなく、水道水、ガス、暖房などを市民に供給する目的を持っている。

3. 1つ具体的な事例を挙げて見よう。ドイツ中部ヘッセン州にあるホンベルク(人口14000人)のエネルギー協同組合の歴史は古く、1920年に設立され電気の供給を始めた。現在、熱電コージェネレーション、再生可能エネルギー等に基づく電力、ガス、暖房を市内に供給している。事業高は約13億円、利用者数は9285件。

ドイツの脱原発の地域電力事業視察報告書より抜粋  前回、サッカーを文化として市民が育てる視点でドイツと日本の比較を試みました。ドイツでは市民が出資や寄付をしてサッカーを育てる視点を持っていること。そして市民が参加し、観戦し、楽しむこと。地域コミュニティーにサッカーが根づいていくよう歴史を育んでいることなどがその特徴として挙げられると思います。市民社会の基本であるエネルギーの確保でも同様の文化が認められます。地域コミュニティーの中で市民が出資して自然の再生可能エネルギーを生産し、地域で消費すること、まちづくりの視点で長年かけてエネルギーを計画的に生産し、エネルギーも文化として育てている姿が浮かび上がります。日本でもドイツのようなエネルギー確保の将来が見通せたらすばらしいと思います。  
-
  ワールドカップサッカーも後半戦に入り、1次リーグを勝ち抜いた16カ国がトーナメント戦でしのぎを削っています。日本のサッカーが1次リーグ戦で敗退したことは残念ですがその戦術や監督、選手のパフォーマンスを評価するだけでなく、各国のサッカーをスポーツ文化としてとらえて評価してみることも大切なのではないかと思います。

 例えばドイツのサッカーは「フェライン」という地域に根ざした100年以上の歴史をもつスポーツクラブが全国にあること。またサッカーに限らず多くの種目のスポーツクラブや趣味、社会福祉、文化芸術の「フェライン」がドイツ全国で59万4277(2005年)あり、文化の下支えをしている。これらの活動を企業や行政は多いにバックアップしている。*


 ドイツのサッカーリーグの観客動員数が世界で第1位(2009年)であること、「フェライン」は基本的に免税で会費収入70%(一人当たり150ユーロ/年)補助金10%、寄付金10%、その他10%で運営されているという。1ユーロは138円だからひとりあたり約2万円/年の会費を払って、試合にも足を運び、企業や行政も援助してサッカー文化を支えているのがドイツサッカーなのです。


 ドイツに比較して日本のサッカーの歴史はJリーグが1993年に発足してまだ21年ですが各地方でサポーターも増え、観客動員数も世界第6位となってきています。しかし、いかに地域に根ざしているか、サッカー文化をいかに発展させているか等の視点で評価するとまだまだドイツには及ばない面があります。具体的には会員数とその会費納入額、企業からの寄付、行政からの補助等の面などがあげられます。totoというサッカーくじで資金を賄おうとしていることも再検討してみる必要があるのではないかと考えます。


 16カ国の戦いがこれから続きますがワールドカップを勝敗の面だけでなくスポーツ文化の視点、国民のスポーツ文化への参加と創造、支援の視点から評価してみるとまた違った面で楽しいのではないでしょうか。日本サッカーが負けたと悔やむのではなくこれからどのようにしてサッカー文化を育てていくのかについてみんなで知恵とお金を出していくことが次のワールドカップに向けてのいい準備になるのではないでしょうか。


*「ドイツの地方都市はなぜ元気なのか」高松 平蔵 学芸出版社


-
  三木町小蓑の知り合いから「ほたるが舞い始めたのでどうぞ見に来て下さい」と案内を受けました。6月10日くらいまで鑑賞できるそうですが、毎晩のように親子連れの車が行列をなしているようです。

 わたしの小さい頃(50年前)は香南町の家の周囲にある水路でこの季節になると毎日身近にほたるを見ることができました。薄暗くなると兄弟で手分けをしてほたるをかごの中に集めてきます。田んぼの横には用水路がたいていあるのですがその水路の土手にほのかな光があちこちに発見されます。そおっと手のひらにすくいとったり、空中のものは網で集めたりします。短時間にかごの中は光で満たされます。

 その頃は蚊帳(かや)という麻でできたハンモックのようなネットが部屋一面に張られ、その中でふとんを敷き川の字になって家族みんなで寝ていました。下水道の整備や殺虫剤の使用等でほとんど蚊の音に悩まされることがなくなった現在では蚊帳を使うことがなくなってしまいましたが、昔はほたると同じく夏の風物詩でした。できるだけ早くさっと蚊帳のすそをめくり上げて蚊帳の中にもぐりこまないと「蚊がいっしょに入ってくるではないか」とよく親にしかられたものです。鉄製の扇風機もありましたが、夜は南の戸を開け放し、山からの風を家の中に呼び込むとそれはそれはひんやりと気持ちのよい空気が流れ込んできます。朝方には寒くなって目が覚めるほどでした。家の戸を空けるのですから蚊たちはいっせいに人間目指してやってきます。その大群を蚊帳が防御してくれるのです。

 兄弟で手分けして集めて来たほたるを蚊帳の中でカゴから放出します。いっせいに蚊帳の天井に向かって蛍の光が舞い始めます。私たちはその光を見ながら夢の中に入り込んでいくのでした。

 

 長い間ほたるを見ていないことに気づきました。今年は小蓑に蚊帳をもってキャンプにでも行きましょうか。

-

超10医療 〜田中眞治医師の寄稿〜

2014.04.28 Monday | category:-

  ひとが生を受けて人生を過ごす中で遭遇する様々な困難をどのように乗り越えていくのかについて考えてみたいと思います。

 1998年にノーベル経済学賞を受賞したインドの経済学者アマルティア センは経済成長のみを追求すると人間の不平等、格差の増大を招く。ひとびとの潜在能力を発展させることによって生活を富ませ、社会をより豊かなものにすることができる。そのために社会の発展を経済成長率によって測定するのではなくひとびとの暮らしの質を計る幸福度指標によって測定するべきであると主張しました。

 アマルティア・センのこの主張は全くあたりまえのことを言っているように見えます。お金のことばかりおっかけないでもっと人間の潜在能力を発揮させる事を考えなさい。ひとりひとりの幸福を追求しなさい。というのです。

 でも人間の潜在能力を発揮させるということがなかなか難しいのです。ひとりひとりに対する教育は基本ですが様々な共助・公的な支援によって潜在能力を発揮させ、前回ブログで述べたような一人では解決できない困難を乗り越えていく必要があります。

 ここにサッカーの上手な少年がいるとします。彼の夢であるワールドカップに参加することのできる選手になるためには地域の人々が出し合った資金でクラブが安定的に運営され、観客として多くの市民が競技場に足を運び観戦を楽しむという文化が必要です。地元の企業もNPO, 団体も物心両面で支えるという気風が必要です。

 ドイツ国民は約40%が年間平均13000円の寄付をしており、学生が戸別訪問をして寄付を集めて回ったりしている。サッカークラブの運営も同様に地域に根ざした資金に支えられているようです。

 ここに失業した労働者がいるとします。日本だと失業保険を受給しながらハローワークに通い,再就職のための訓練を受けます。しかし、この訓練がその人の潜在能力の開発や発揮をめざしているのか点検が必要です。なかなか自分にあった仕事が見つからず、失業保険が切れてしまう日を迎えるという事例が後を絶ちません。

 ドイツでは地域の寄付金や公的な資金をもとに失業者を支援する活動を労働組合が行っている様です。

 次回からも人生の様々な困難を世界の人々がどのように乗り越えていっているのかについてみていきたいと思います。

 



-

超10医療 〜田中眞治医師の寄稿〜

2014.03.31 Monday | category:-

  困難を抱えた人を結びつけてネットワークを形成することのできる人はやはり困難を抱え、その困難を乗り越えた人が一番強いはずです。例えば少女時代に母親の再婚相手からDVをうけた経験を持つ女性が20才代後半になって初めてそのトラウマを乗り越えて護身術を世の女性に広める活動をするようになった事例、サラ金に追われてホームレスになった男性がホームレス支援団体の一員になり、ビッグイシューという月刊紙を路上で販売するようになった事例等、枚挙にいとまがありません。

 しかし、このような事例を挙げるまでもなく現在広がっている困難はもっと一般的で広くてどこでもだれでも遭遇する困難なのです。不妊、育児上の悩み、保育園が見つからない、保育料が高い、発達障害がある、学童保育が利用できない、就学援助を受けられない、塾に行かないと授業についていけない、望む進学校に入れない、仕送りが大変、家庭内暴力、いじめ、不登校、授業に集中できない、授業が成り立たない、校内暴力、仕事が見つからない、就職したけど労働がきつい、合わない、残業ばかりでデートも出来ない、結婚相手が見つからない、結婚資金が貯まらない、老後が心配、年金だけでは暮らせない、がんを宣告されたけど相談する相手がいない、親子関係が、嫁姑関係が、夫婦関係が、遺産相続がうまく行かない、老後はひとりになり介護を誰がするのか、葬式の費用は....など生まれてから死ぬまで、さらには死んだ後までありとあらゆる困難に私たちは遭遇します。昔の人が言ったように生老病死すべてが困難なのです。しかもこれらはすべてひとりではどうしようもない困難ばかりです。


  これら無数の困難の数だけ、お互いに助け合うグループやボランティア、NPOなどが存在し、資金的にも人材的にも安定的に運営されているというのが理想の姿だと思います。

 いっぽう、国民がこれら無数の困難を乗り越えるため国に対してさまざまな社会保障をさせることは国民の権利であると日本国憲法には定められています。国の定める社会保障制度とボランティアなどの互助制度をいかにうまく設計していくのかが問われているのが今の時代だと思います。

-

超10医療 〜田中眞治医師の寄稿〜

2014.02.25 Tuesday | category:-

  人々の持つ信頼関係やネットワークを市民社会資本(ソーシャルキャピタル)と呼び、健康寿命ともおおいに関係が深いことを以前述べました。

 全国都道府県のボランティア活動行動者率と出生率、失業率、犯罪発生率との関係をみたグラフを以下に提示します。結果はボランティア活動に参加する率が高いほど出生率が高く、失業率、犯罪発生率が低いというものです。

(ちなみに香川県のボランティア活動行動者率は29.5%です。)

 このような結果をもとにボランティア、NPOなどの活動を活発にし、地域作りやまちづくりの原動力として育成しようとする社会的な動きが阪神淡路大震災後、全国に広がりました。いっぽうで毎日の生活にゆとりがなく、貧困や過重労働から逃れられないひとびとが増加し、ボランティア活動の広がりを阻む社会状況も進行しています。時間的、経済的なゆとりがなければボランティア活動は広がりにくいのです。

 わたしの幼小児期の田植え、冠婚葬祭、育児などを地域ぐるみで行っていた情景を前回まで描写しましたが決して時間的、経済的なゆとりがあったわけではありません。貧しかったからこそ助け合ったのです。

 現在の貧困問題は孤立化した、分断された地域社会の中に見えない形で浸透しているところがやっかいです。貧しいひと同士が助け合うことが簡単ではありません。こんな時こそ困難を抱えたひとびとが連帯し、助けあえるよう支援するボランティア活動が求められているのではないでしょうか。

-

超10医療 〜田中眞治医師の寄稿〜

2014.01.27 Monday | category:-

  私が5歳の頃、宮大工だった祖父がなくなりました。今から55年前の事です。前日まで妹をおんぶして散歩していた祖父が頭が痛いと言ってそのまま畳の間に寝込んでしまいました。医師が往診にきましたがそのまま病院に行く事もなく、翌日には亡くなりました。(今思うとくも膜下出血だったと思います。)

 親戚、近所のひとびとが集まってきて急に騒がしくなりました。葬式の準備が始まったのです。竹やぶから竹を切ってきて葬儀用の飾りを作る男たち、厚揚げを煮たり、葬儀用の食事の準備をする女性たちが忙しく動きます。2日から3日間に及ぶ家の仏間での読経のあと葬儀はいよいよその場所を移動します。


私の家から「焼き場」と呼ばれる火葬場まで人力で転がす木製霊柩車、竹竿を掲げるひと、写真や位牌を持った遺族などが行列になって田んぼの横の道を約500mの距離を練り歩くのです。

 火葬場は露天で屋根がありません。1mくらいに掘られた長方形の穴に丸石が敷き詰められています。棺桶がおかれ周囲にわらを敷き詰めます。部落の男たちが当番制をしいた上で夜を徹して薪をくべます。棺桶が燃え、その中の遺体がきれいに骨だけに焼ける様火の勢いに気を配ります。


 村の年寄りたちが「夜になると急に棺桶から死体が立ち上げるんだ」とか「骨の燐が燃えて火の玉になり夜空に上がっていくんだ」とか子供にとっても忘れられない神秘的な話をしてくれます。


 このように葬儀は部落のみんなが村役の指示のもとに全て執り行い、遺族は亡くなったひとにずっと寄り添うことができるようになっていたように思います。それだけでなく私にとって祖父の死という出来事は悲しいという感情より、生きていた人間が焼かれて天に昇っていくという神秘的な儀式として多くのひとびとが慣れた段取りで淡々と行っていたという思い出になっています。

-